わきがの対策

 
わきがは思春期以降に始まるといわれています。汗をかかない人はいませんので、誰でもわきがになる可能性を持っています。わきがは病気ではありません。臭いに代表されるのがこの「ワキガ」ではないでしょうか?暑い夏場になると非常に効力を発揮し、ひどい状態になると部屋全体に悪臭が漂うようになります。「ワキガ」は臭いを発している本人は、さほど気づきませんが、周りにいる人間にはものすごく抵抗のある臭いです。
ワキガは、通常、人のワキの部分から臭いが発生する汗腺系の体臭で日本人の場合だと10〜20人に一人いると言われています。
わきが人の汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」と呼ばれる穴があります。「エクリン腺」は、ほぼ全身に存在していて、体温の調節などを行っています。
「アポクリン腺」はワキの下や乳倫、へその周り、外耳道、外陰部、肛門などの限られてた場所にあり、この「アポクリン腺」から出る汗の成分「脂肪・鉄分・色素・蛍光物質・尿素・アンモニア」が体臭の原因になっています。
この分泌された成分は、空気に触れると変質する性質で、皮膚表面の細菌によって分解される独特の臭いを発するようになります。これがワキガの臭いの素です。ワキガの元は汗と混ざり合う雑菌です。殺菌効果のある薬用石鹸を使い、身体を洗いましょう。朝出かける前と帰ってお風呂に入るときに洗うと効果的です。ほかワキガの予防について説明します。

ワキガというのは具体的にどのような症状なのでしょうか。一度気になりだすと止まらないのが体臭の悩みですが、これは季節を問わず気になるものです。日本人はきれい好きですから、とくにワキガや体臭には敏感ですし、誰でも自分の体臭で悩むのはいやなのではないでしょうか。原因がワキガであれば、正しい治療を行わなければなりませんし、ワキガの治療法はさまざまあります。まずは治療法の前に、ワキガとは何かということを知っておきましょう。ワキガは多汗症とは違います。多汗症は体温調節が必要でないときでも大量に汗を分泌してしまう症状です。手や足や、顔などにも汗をかき、ワキの下だけではありません。ワキガと多汗症は根本的に違ので、大量の汗をかくために、ワキガと勘違いしてしまう人もいますがそれは間違いなのです。発汗量が多い多汗症の人は、日常生活を送るうえでもいろいろと問題が出てきます。書き物する時や楽器を演奏する時、自転車や車のハンドルを握る時など、汗でべとついたり、濡れたりと不便なことが多いのです。多汗症も、もちろん治療しなけれ、自然に治ることはできません。しかしワキガ同様、専門医に相談することによって、少しでもその症状を少なくすることはできるでしょう。ワキガというのは、分泌物が皮膚にいる菌により分解されることによって発生してしまう異臭です。その分泌物はエクリン腺、アポクリン腺、皮脂腺などの汗腺類から出るものです。ワキガは遺伝もありますし、性ホルモンの影響も考えられるでしょう。さらに思春期の頃から皮脂腺の活動が活発になるので、ワキガの臭いもきつくなる傾向があります。エクリン腺は、人の体全体に分布している汗腺で、体内に溜まった熱を放出する働きをしています。アポクリン腺は、ワキ下やおヘソの周り、耳の中などに存在しています。汗腺から出る分泌物は乳白色で、成分は脂肪・色素・アンモニアなどからなります。これが衣類に染みを作る原因になるのです。その名のとおり、皮脂腺は皮脂を分泌していますが、これらの汗腺と雑菌が混ざり合うので、ワキガは独特の腐敗臭を放出しています。ということは、ワキガは人間がそれぞれ持っている体臭とはまったく違うものであるといえるのです。

韓国美人の美顔法