ほくろの除去を体験

 
ほくろにはいくつか種類があります。ほくろなんて黒くてみんな一緒と思われるかもしれません。それが一緒ではないのです。ほくろは大きく2つの種類に分けることができます。単純黒子と色素性母斑です。
単純黒子とは、メラニンを作り出すメラノサイトが皮膚のごく浅い部分にあります。その浅い部分でメラニンを生成したのが単純黒子です。
薄茶色から黒いものまで色も様々で、大きさも1〜2mmと、小さいものが多いです。普通のほくろと見分けるのには、素人ではとても無理でしょう。小さいので気にならないものも多いのですが、数が多かったり場所がとても気になる場合は、レーザーで除去ができます。
色素性母斑を簡単にいうと、徐々に盛り上がってくるホクロです。母斑細胞がいくつもの層になって重なっていくので、やがて盛り上がってくるのです。
ほくろ母斑細胞とは、母斑を形作っているメラノサイトのことを指します。でき始めは単純黒子くらいの小さなホクロなのですが、徐々に大きくなったり、盛り上がってきます。色も着色していないものから茶色いものまで、色々あります。皮膚の表面近辺にできるものから、奥に向って増えていくものまであります。小さいものはレーザーで、盛り上がっていて5mm以上あるものは切除手術で取り除きます。再発や、治療の跡がくぼんでしまうのを避けるためです。

どうしても気になるほくろがあって、ほくろを取り除こうと決断するとき、様々なことを考えるのではないでしょうか。自分で取れないのだろうか、ほくろを取り除いた傷跡は残らないのだろうか、せっかく取ったほくろが再発しないだろうか……。ほくろを除去する前に、ちゃんとした知識を身につけておかなければいけません。
ホクロの色や 隆起の有無に関係なく お使い頂けるほくろの除去について紹介します。

ホクロの悩み解消ハーブほくろクリーム&『傷跡クリーム』