ビジネスから恋愛まで成功者に学ぶスキルアップ術
 

ビジネスから恋愛まで成功者に学ぶスキルアップ術

 

スキルアップの意味を知っていますか?

今は何につけても仕事をしている上でスキルアップの重要性がうたわれているのですが、スキルアップの意味を理解している人はどれくらいいるのでしょうか。
転職をするときなどに目的として利用されるスキルアップという言葉ですが、スキルアップの意味をよく理解しておかないと転職をした意味がないということになりますし、目的を達成させることが出来ないのではないでしょうか。
スキルアップ
仕事に役に立つスキルというと
資格を取るとか何か技術を身につけることだと思っている人も多いと思います。
確かに仕事に役立つ資格を取る、技術を身につけることはスキルアップにつながります。
しかし資格や技術を持っていなくても、スキルとして求められていることや一般に広く認められていることとうのはあります。たとえばサービス業などでは顧客へのサービス対応のよさや営業をしている人になると、プレゼンのすごさなども、資格はないですし技術もないですが、スキルといってもいいのではないでしょうか。
転職しようと考えている人にとってはこのように資格、技術、そして資格などでは表せないスキルを向上させる意味でスキルアップという言葉が使われています。


スキル(skill) とは通常、教養や訓練を通して獲得した能力のことである。日本語では技能と呼ばれることもある。生まれ持った才能に技術をプラスして磨きあげたもの、たとえば、音楽家の作曲能力なども含みます。
日本では、近年、ビジネスにおいて「スキル」という言葉がよく使われるようになってきている。たとえば、ビジネススキル、ヒューマンスキル、スキルアップという用語が使われている。資格もスキルの一種であると考えられている。
仕事で重宝される「スキル」とは
仕事に役立つスキルといえば、「資格・技能」が思い浮かぶことでしょう。これらは現代社会において必要とされ、非常に役立つものです。たとえば情報処理やCAD、プログラミングの技能は多くの会社で必要とされていますし、特殊な職業の場合、資格を持っていることが就職の第一条件になることもあります。それ以外についても「スキル」として認められる場合があります。たとえば、「接客能力(顧客への対応・会話のうまさ)」や「営業能力(プレゼンテーション・人脈の広さ)」は、資格として目に見えるものではありませんが、とても重要な能力です。

資格をとる「スキル」

仕事のスキルアップのために資格を取ることもあるのです。この場合、自分から取る場合と会社からすすめられて取る場合などがあるようですが、どちらにしても、今の仕事を続けていくのであれば資格取得はけっこう役に立つものなのです。正社員やパート、派遣など勤務形態もさまざまなのです。結婚や出産のために1度リタイアした人も1度資格を取得しておけばブランクを感じさせずに再就職がしやすい、というのも良いところなのです。さまざまな経験を積んで新たな資格を取得していけば年齢が高くなっていても専門知識や能力が買われ仕事の場も広がっていくのです。
資格を取得してスキルアップしたいを考える女性が多いのは不思議ではないのです。実際に、資格取得者、あるいは資格取得を目指す女性は、年々増え続けているようです。音楽療法士は、音楽を利用し高齢者施設や養護施設などで、元気の無かった人をいきいきさせたり心を穏やかにさせたりなど気持ちを癒してくれる療法を行う仕事をしているのです。最近では、音楽療法が日本でも幅広く注目され始め、音楽療法士になりたいと考える人が増えてきているようです。
資格取得に関して、一口に資格といっても超難関の資格から講座受講のみで取得できる簡単な資格まで、今やその数は相当数に及びのです。その中から、自分に適した資格を探すのは簡単なことではないようですが、将来のキャリアゴールを見据えたうえで取得する資格の候補を絞っていくべきなのです